--- ◎放射線測定器(サーベイメータ)について ---

トップページ
[放射線測定器について]
放射線を測定するには放射線測定器という装置を用います。ただし、放射線には様々な種類がありますので、それらを測定する際も、対象とする放射線にきちんと対応した放射線測定器を用いる必要があります。
測定器は放射線が測定器に入ってきたときに引き起こす、様々な物理的作用を利用して放射線を測定しています。この物理的作用には大きく分けて放射線が入射することによって生じる電気を測定するもの(電離作用)、放射線が入射することによって生じる光を測定するもの(蛍光作用)などがあります。

主な放射線測定器                    

 電離箱サーベイメータ                                  GM計数管サーベイメータ    
denri.jpg
GM.jpg
蛍光ガラス線量計(ガラスバッジ)
g1.jpg
3_01.jpg

*サーベイメータとは環境中の放射線を測定することを目的とした測定器のことです。

 

『はかるくん』のご紹介

hakaru.jpg

上記の表で取り上げた測定器は比較的高価なものが多く、また取り扱い方法も専門的な知識が必要なものが多いため、「私たちの身の回りには、どれくらい放射線があるのだろう」といった目的での測定には現実的ではありません。そこで、放射線計測協会が無償で貸し出しをおこなっている「はかるくん」をご紹介いたします。
「はかるくん」は蛍光作用を利用するシンチレーション検出器の一種で大地などから出るガンマ線と、宇宙から地球に届く宇宙線を測定することができます。また、小型・軽量で操作が簡便なのも特徴の一つです。

詳しくは放射線計測協会のホームページをご覧ください。:放射線計測協会


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-04-13 (月) 15:52:13 (2673d)